文字サイズの変更
元気な青森を取り戻す!
滝沢もとめ略歴
  • 昭和33年10月11日
    青森県八戸市に生まれる。
  • 青森県立八戸高等学校卒業。
  • アイスホッケー選手としてインターハイ3年連続出場。またあすなろ国体に青森県代表として出場、準優勝。
  • 中央大学法学部卒業。
  • 元内閣総理大臣公設秘書を務める。
  • 自民党青森県連政調会長
  • 自民党青森県連副会長
  • 県議会副議長
  • 八戸三社大祭実行委員会 委員長
  • 平成25年7月
    参議院議員初当選
  • 平成28年3月
    参議院環境委員会 筆頭理事
  • 平成28年8月
    外務大臣政務官
  • 平成30年10月
    自民党国土交通部会長代理
地方重視・地域の再生
「地域インフラ」を整備して、うるおいとゆとり、にぎわいを取り戻します!
行政インフラや通信インフラをはじめ、生活関連インフラを含む重要インフラの防御・総合的な管理を実現します。
災害に強い情報インフラの整備と災害時即応能力の向上に努めます。
県、市町村財政基盤の充実を図るため、地方交付税の復元、増額を図ります。
低炭素社会づくりへの取り組みに財政的支援と制度の充実を図ります。
設備投資支援制度を恒常化させます。
経済の再生
地域経済を支える中小企業、農林水産業などの地場産業をオールジャパンで支援し、地域の経済と雇用を守ります。
デフレ、円高からの脱却を最優先に名目3%の経済成長を目標にします。
中小企業のものづくり支援や地域の商店街の復興など、中小企業予算を倍増します。
中小企業の資金繰りを徹底サポートします。
雇用の創出と就労支援サービスを拡充・強化し職業教育を充実させます。
地域産業の成長を支える人材育成等に向けた新たな地域雇用対策を実施します。
農・商・工が連携した第6次産業化、担い手対策、持続的に営農できる生産体制や生産基盤の強化に努め、「攻めの農林水産業」を積極的に展開します。
教育の再生
人づくりは国づくり。
世界トップレベルの学力、規範意識を高める教育再生を実行します。
幼児教育の無償化、義務教育での就学援助制度の拡充、高校、大学における給付型奨学金の創設に取り組みます。
少人数学級編成を推進します。
いじめ防止対策基本法を成立させ総合的ないじめ対策を行います。
社会保障の再生
みんなが安心できる持続可能な社会保障をつくります。
「自助」「自立」を第一に、「共助」「公助」を組み合わせ、弱い立場の人には、しっかりと援助の手を差し伸べていきます。
国民皆保険を守ることを基本に地域で必要な医療を確保します。
復興の加速
震災からの復旧・復興を加速させ、ふるさとを取り戻します。
創造的復興の実現を積極的に推進します。
東日本大震災の被災地の農林水産業の復興を実現します。
国土強靭化の取り組みを地域経済の中長期的発展の呼び水とするとともに、雇用を創出します。
防災・減災の視点に立った公共事業の推進を図ります。